一般媒介契約とは何?専任媒介契約との違いについて。

一般媒介契約とは?

媒介契約というのは、マンションなどの物件の売り主が、その売却活動を依頼するために不動産会社と結ぶ契約のことになります。

管理人は、名古屋のデザイナーズマンションを売却する時、不動産会社と媒介契約を結びました。

一般媒介契約というのは、その中の一つの契約方法になります。

契約においては、不動産会社に行ってもらう売却活動の方法や、仲介手数料の額などを明確に定めます。不動産会社が不動産売買の仲介をする際、必ずこの媒介契約を結ぶことが法律によって定められています。

他の媒介契約と比べて異なる点は、一般媒介契約は同時期にいくつもの不動産会社と契約を結ぶことができるという点があります。また、不動産会社の仲介なしで、売り主自身で買い主を見つけることもできます。

一般媒介契約の中でも、他の不動産会社との契約状況を明かすか否かで、さらに細かく契約の方法が分かれます。

一つ目は、他にも契約し仲介を依頼した会社があるということと、それがどの不動産会社なのかを伝えるという契約方法です。

二つ目は、その反対で、そういった情報を伝えないという契約方法です。

一般媒介契約を結ぶ際には、これらのどちらかの方法を選ぶことができます。

専任媒介契約との違いについて

媒介契約には一般媒介契約の他、専任媒介契約と専属専任媒介契約の2通りの契約方法があります。

それら2つをまとめて専任媒介契約と呼びますが、一般媒介契約と専任媒介契約の最も大きな違いは、同時期に2社以上の不動産会社と媒介契約を結ぶことができるかどうかという点です。

一般媒介契約では、同時期にいくつもの不動産会社と媒介契約を結ぶことが可能ですが、専任媒介契約の場合、2社以上との契約はできません。

また、契約による独占力にも違いが出てきます。

一般媒介契約の場合、売却活動についての不動産会社への詳しい報告などは必要ありませんが、専任媒介契約の場合、売却活動についての報告や、その報告の頻度も定められていて、不動産会社からの独占力は強くなります。

専任媒介契約と専属専任媒介契約の違い

専任媒介契約と専属専任媒介契約は、1社に絞った媒介契約であるという点では共通していますが、異なる点も存在します。

2つの大きな違いは、売り主が自ら買い手を見つけ、直接売買交渉を行うことができるかどうかという点です。

専任媒介契約でしたら、売り主が自ら買い手を見つけてきた場合、売り主自身が直接買い手と売買交渉を行うことができます。

一方、専属専任媒介契約の場合、売り手が自ら見つけてきた買い手であっても、売買交渉においては、不動産会社を通す必要があるのです。たとえ買い手が自分の知人であったとしても、取引には必ず不動産会社を介し、仲介手数料を払わなくてはいけないということになります。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です