メールのみのチャットレディについて。

メールのみのチャットレディとは?

チャットレディとして働く中でメールのみの対応をしていこうと考えている方もいらっしゃるかと思われます。そこで、実際にメールのみの対応を行っていく時にどのような特徴があるのかを知っておかれると良いでしょう。

チャットレディといえばチャットで利用者とコミュニケーションを取ったり、メールやその他様々なツールを用いてコミュニケーションを取ることが仕事となります。その中でもメールのみでの対応を行っていくというのなら、確認する内容がメールひとつとなるため仕事がシンプルとなり作業が楽になります。複数のツールを利用しているとその分考えるべきことが増えてきます。また、全ての機能を覚えることが必要となります。シンプルに働きたいというのであれば、利用していくコミュニケーションツールをひとつに絞ってみるのもいいのではないでしょうか?

スマートフォンなどのコミュニケーションに利用するツールは、チャットレディとして働くのであれば、いつ連絡が来ても対応できる状態にしておく必要があります。特にメールのみの対応を考えているのなら誰とどのような会話をしているのかを把握するため受信フォルダを分けたり、着信音を変えておくのもいいでしょう。

連絡が遅れてしまうと利用者の数が減ってしまう可能性もありますので、メールが来たらすぐに返信できるように準備しておきましょう。もしも用事で返事が遅れそうならその旨を伝えておくと相手も納得してくれますので、意識しておかれるといいでしょう。

友人や家族など、普段からメールを利用しているという方であれば、メールのみで対応しても上手くコミュニケーションをとることができるでしょう。文字を打つスピードなどがより多くの会話をするためのポイントとなりますし、多くコミュニケーションを取ればそれが相手からの好感度に繋がります。

チャットレディという仕事はコミュニケーションが大切な仕事ですので、普段からメールをよく利用しているという方なら、仕事でもメールをメインに用いたりメールのみの対応としておけば楽でしょう。またチャットなどの素早い返答でなく自分で文章を考える時間もあるため、無理なく継続できるでしょう。

まとめ

チャットレディの仕事をメールのみの対応としていくことで、メールが得意な方や普段から利用している方には大きなメリットとなります。またメールの通知にいつでも気づけるようにしておくために、普段からメールのことを意識しておくと、素早い対応が出来るでしょう.For more information visit us at http://ReloadCasino.org

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

一般媒介契約とは何?専任媒介契約との違いについて。

一般媒介契約とは?

媒介契約というマンションなどの物件の売り主が、その売却活動を依頼するために不動産会社と結ぶ契約のことになります。

管理人は、名古屋のデザイナーズマンションを売却する時、不動産会社と媒介契約を結びました。

一般媒介契約というのは、その中の一つの契約方法になります。

契約においては、不動産会社に行ってもらう売却活動の方法や、仲介手数料の額などを明確に定めます。不動産会社が不動産売買の仲介をする際、必ずこの媒介契約を結ぶことが法律によって定められています。

他の媒介契約と比べて異なる点は、一般媒介契約は同時期にいくつもの不動産会社と契約を結ぶことができるという点があります。また、不動産会社の仲介なしで、売り主自身で買い主を見つけることもできます。

一般媒介契約の中でも、他の不動産会社との契約状況を明かすか否かで、さらに細かく契約の方法が分かれます。

一つ目は、他にも契約し仲介を依頼した会社があるということと、それがどの不動産会社なのかを伝えるという契約方法です。

二つ目は、その反対で、そういった情報を伝えないという契約方法です。

一般媒介契約を結ぶ際には、これらのどちらかの方法を選ぶことができます。

専任媒介契約との違いについて

媒介契約には一般媒介契約の他、専任媒介契約と専属専任媒介契約の2通りの契約方法があります。

それら2つをまとめて専任媒介契約と呼びますが、一般媒介契約と専任媒介契約の最も大きな違いは、同時期に2社以上の不動産会社と媒介契約を結ぶことができるかどうかという点です。

一般媒介契約では、同時期にいくつもの不動産会社と媒介契約を結ぶことが可能ですが、専任媒介契約の場合、2社以上との契約はできません。

また、契約による独占力にも違いが出てきます

一般媒介契約の場合、売却活動についての不動産会社への詳しい報告などは必要ありませんが、専任媒介契約の場合、売却活動についての報告や、その報告の頻度も定められていて、不動産会社からの独占力は強くなります。

専任媒介契約と専属専任媒介契約の違い

専任媒介契約と専属専任媒介契約は、1社に絞った媒介契約であるという点では共通していますが、異なる点も存在します。

2つの大きな違いは、売り主が自ら買い手を見つけ、直接売買交渉を行うことができるかどうかという点です。

専任媒介契約でしたら、売り主が自ら買い手を見つけてきた場合、売り主自身が直接買い手と売買交渉を行うことができます。

一方、専属専任媒介契約の場合、売り手が自ら見つけてきた買い手であっても、売買交渉においては、不動産会社を通す必要があるのです。たとえ買い手が自分の知人であったとしても、取引には必ず不動産会社を介し、仲介手数料を払わなくてはいけないということになります。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

葬儀後の給付金には、どんなものがある?

最近では、喪服レンタル店もありますが、喪服の購入や葬儀費用などいろいろ出費があったと思います。

お葬式後に申請をしてお金をもらうというと、生命保険をイメージします。確かに生命保険は忘れてはいけない手続きですが、実はほかにも多くの方に権利があるのに意外と知られていない、給付金(補助金)の制度があります。

お勤めの方は社会保険、自営業や個人の方は国民健康保険と、ほとんどの方が何かしらの健康保険に加入していると思いますが、故人が加入していた保険の事務所に申請すると、
葬祭費という名目で、補助金が受け取れます。

自治体によって金額が異なりますが、5万円~10万円程度が補助金として支給されます。

市区町村役場の市民課や保険課などの健康保健を扱う窓口へ申請して、被保険者資格喪失の届出と同時に行ってください。申請期間は死亡日から2年間です。

申請に必要なものは、故人の保険証、お葬式の領収書、申請者の印鑑、振込先です。ただ、自治体ごとに細かい手続きが異なりますので、申請に行く前に担当窓口へ電話をして、必要なものを聞いてみたほうが良いでしょう。

社会保険から出る「埋葬費」ですが、故人の1か月分のお給料と同じ額が支給されます(最低10万円~最高98万円まで)。個人の勤務先を管轄する社会保険事務所へ申請しますが、ある程度の規模の会社でしたら、ほとんどが会社のほうで手続きをしてくれますので、まずは故人の勤務先に問い合わせてみましょう。申請期間は死亡日から2年間です。

申請に必要なものは、故人の保険証、勤務先事業主による申請書類への記入・捺印、死亡診断書または埋葬許可証などの死亡を証明する書類、印鑑です。

これは労災の手続きとは違いますから混同しないようにして、労災が必要な場合は別途申請しましょう。社会保険加入者の扶養家族が亡くなった場合は、家族埋葬料として一律10万円が支給されます。

もし、故人が失業保険の受給期間に亡くなってしまった場合は、6か月以内にハローワークへ申請しましょう。すると、残りの失業保険を請求できます。

申請には、受給資格者証、死亡診断書、戸籍謄本、印鑑が必要です。

これらは、せっかく支給されるものです。きちんと申請して受け取っておきましょう。

これらは自動的に支給されるものではなく、申請することによって初めて給付されるものなので、忘れないように気をつけてください。

この給付金の存在を知らずにもらっていない方が結構多くいます。丁寧な葬儀社さんなら、お葬式後も何かと面倒を見てくれますし、このような申請も詳しく教えてくれますので、お葬式が終わった後も、分からないことがあれば質問してみましょう。

また、ここ2年以内にお身内でお葬式があって、まだ申請していないかもしれないと不安になったら、もしかするとまだ間に合うかもしれません。申請したかどうか、すぐにでも確認してみてください。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

ブランド品を売るなら、どこで売るのがおすすめ?

まず、ブランド品を売る方法を考えてみましょう。

まずブランド品を売るときに、どのような方法が考えられるかをまとめておきましょう。買取を考えたとき、あらゆる手段を候補に挙げ、そこから最善の手段を選ぶことで損をするリスクも回避できるでしょう。

最初に紹介するのは、フリマアプリで売却するということです。近年、フリマアプリはユーザー数を伸ばしており、ここ数年で急激に利用者が増えてきました。主にメルカリ、フリル、ラクマなどが人気で、各アプリによって特徴やサービス内容は若干異なりますが、女性からの人気も高いのが特徴です。

従来は、ネットでの売買=ネットオークションと思われていましたが、フリマアプリの登場により、初心者でも不用品を売却して現金化することが可能になりました。さらに、スマホやタブレット端末からでも簡単に利用できるので、手軽に使えるサービスとして好評です。

次はネットオークションについて解説します。ネットオークションは、パソコンが普及し始めた頃に利用者が増えたサービスです。ヤフオクなどのサイトがあります。オークションは、入札方式で、落札価格が上がりやすい傾向にあるので、できるだけ高く売りたいのであれば、ネットオークションでの売却をおすすめします。

ブランド品の売却も頻繁に行われているので、比較的安定した取引が期待できるでしょう。落札される保証はないですが、高額査定が期待できるでしょう。

フリマアプリ、ネットオークションに続いて、買取業者でのブランド品の買取りについて解説します。買取市場では、何かに特化して買取を行なっている業者が多いのですが、ブランド品に力を入れている買取業者も数多く存在します。ひと昔前までは店頭に持ち込んでブランド品を買い取ってもらうことが一般的でしたが、最近ではスマホから簡単に買取を申し込むことができる様になりました。

このように買取業者では店頭買取だけでなく、出張買取や宅配買取も選ぶことができます。なので、ライフスタイルに合わせて利用できるメリットがあります。特にブランド品は買取市場でも人気が高いので、ネットで検索すると簡単に買取業者を見つけることができます。

最近ではブランドバックのレンタルも人気があります。例えば、ブランドバックが欲しいときは、買わずに、月額制もしくは短期間のレンタルができる会社もあります。月額制もしくは短期間で欲しいブランドバックをレンタルできるのはうれしいですよね。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

そもそも葬儀とは何?

そもそも葬儀とは何ということですが、

葬儀とは遺族や近親者、友人などが集まって故人の冥福を祈り成仏することを願って営む宗教儀式のことです。

日本では基本的に葬儀は故人を送り出すための儀式とされています。

葬儀とお葬式の違いは?

日本において、お葬式は通夜・葬儀・告別式をまとめたものを指します。
なので、葬儀はお葬式の一部となります。ですが、広義では葬儀をお葬式と同じ意味で使うこともあります。

亡くなった方をお見送りする儀式を葬儀ともお葬式ともいいます。一見まったく同じように見えるこの2つの言葉ですが、実ははっきりした違いがあるのです。

通夜、告別式との区別は?

通常、葬儀に関連して通夜と告別式がおこなわれます。

通夜
通夜とは、本来葬式の前夜に死者に悪霊が取りつくのを防ぐために、故人とごく親しかった人たちが一晩中故人に付き添い故人の別れを惜しむ儀式でした。

しかし、現在においての通夜は、葬式の前夜に一般の弔問客を迎えて午後6時か7時ごろから1~2時間ほどで済ませる「半通夜」がほとんどです。

仕事などの都合で、葬儀に告別式に出席できない人が、お別れをするための儀式という色合いが強くなっています。

また、通夜が終わったあとは、弔問客に食事をふるまう「通夜ぶるまい」があります。

身内の方が亡くなった場合、日を置くことなく通夜や葬儀が行われます。いずれも故人とのお別れや見送りをするうえでは欠かせません。

告別式
告別式とは、故人の親族や友人が故人との最期の別れをする儀式のことで、もともとは会葬者全員で遺骨を墓地に埋葬する前に行われていました。

しかし、現在においては大規模な葬儀でなければ、基本的に葬儀と告別式は同時に行われるようになってます。

そのため「葬儀」といったときに、告別式の意味も含んで使われることが多いです。

葬式の流れ

関係者への連絡

お葬式は通夜と葬儀・告別式に分けて行うのが一般的です。

亡くなったら、医師に死亡診断書を書いてもらい、故人の親族や親せき、親しい友人などに連絡します。

故人が現役で仕事をしていた場合には、職場の人など仕事関係の人に。また既に退職済みでも、現役時代に働いていた職場に連絡しておきましょう。

葬儀社への連絡

同時に、すぐ葬儀業者を決める必要があります。生前から決めていた場合にはスムーズですが、決めていなかった場合には短い時間の中で決めることになります。

某会社の葬儀を経験した方へのアンケート調査結果によると、生前に葬儀社を決めていたという方は全体の約20%、さらに亡くなってから2時間以内に葬儀社を決めたという方は約30%です。合計で、半数の方が没後、2時間以内には葬儀社を決めているという結果になっています。

私も葬儀の後、遺品整理を名古屋の業者に頼んだことがあります。葬儀の後は、遺品整理も必要です。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

折りたたみベッドのメリットとは何?

折りたたみベッドのメリット

私は、折りたたみベッドにマニフレックスの高反発マットレスを敷いて利用していますが、折りたたみベットをこれから購入しようと思っている方も多いのではないでしょうか?

狭い部屋を有効に使える

部屋が狭く、「ベッドを置いたら生活に必要なスペースがなくなってしまう」という場合、折りたたみベッドはとても重宝されます。

また、布団をしまえる押入れがない場合にも便利です。折りたたみベッドは、たたむと幅40cmくらいに収まるものが多く、部屋の端っこに置いておきましたら、6畳の部屋でも残りのスペースをかなり有効に使えます。

広げた場合でも、フレームがないので、幅も長さもコンパクトに収まり、省スペースに使えます。

ストレッチや運動をしたい場合、床に物を広げて作業をしたい場合など、床の面積を広く取りたい時に、たたんで壁側にピタッとしまえ、床が広くなるのは助かります。

子供部屋に置く場合、遊ぶスペースも広くとることができます。

据え置きタイプのベッドの場合、ベッド下の掃除が不十分になりがちです。引き出し付きベッドで重いものだと動かすのも一苦労です。置いてから何年もベッド下の掃除をしたことがないという方もいるでしょう。

しかし、折りたたみベッドなら、畳んで移動したらベッド下を思い切り掃除できます。カーペットを敷いていても、掃除機ですっきりとキレイにできます。清潔な方にとって、このメリットは大きなポイントです。

布団の湿気対策になる

すのこタイプの折りたたみベッドに、布団を敷いて使うケースがよくあります。折りたたみベッドの場合、折りたたんだ上に布団を干しておくことができるので、敷きっぱなしのマットレスと比べると湿気は断然ましになります。

マンションで湿気が多い部屋では、布団を干せるというメリットが決め手になる方も多いです。

マンションの規定などでベランダに布団が干せず、押入れもないような部屋では布団の湿気も心配でしょうが、そんな悩みも解消できます。

折りたたみベッドには、リクライニング機能がついているものもあります。

リクライニングを使うと、カウチソファに座っているような感覚でくつろぐことができるので、寝る前の時間をゆっくりと有意義に過ごせます。

また、高齢者の方の介護用のベッドに購入される方もいます。リクライニングを使うと、身体を起こして食事をするのにも便利です。

急な来客も高さのあるベッドで寝てもらうことができる

急な来客用に布団を用意している方も多いと思います。地べたに寝ると気になるのが、ほこりやハウスダストです。

しかし、折りたたみベッドなら、いざという時に高さのあるベッドに寝てもらうことができますので、地べたが苦手な方にも喜んでもらえます。また、アレルギーをお持ちの方にもメリットとなります。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

媒介契約書、専属専任媒介契約とは?

媒介契約とは何?

不動産の売却時などに良く耳にする媒介契約とはどのような物なのかというと、自分の所有している物件を売却する際に不動産業者に仲介を依頼する時に結ぶ契約になります。

媒介契約は、宅地建物取引業法によって定められている行為になっており媒介契約書によって締結します。

媒介契約をする事によって、不動産を売却したい方と不動産業者の依頼関係が明確になるだけでなく、お互いの権利であったり、義務などを明確にする事ができます。

媒介契約には、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の三種類があり、依頼者はこの中から好きな媒介契約を選ぶ事ができます。

専属専任媒介契約とは何?

専属専任媒介契約は、特定の不動産業者一社に独占的に仲介を依頼する媒介契約になります。

専属専任媒介契約を締結すると、他の不動産業者に依頼する事が出来ない拘束力の強い契約になります。専属専任媒介契約された不動産業者は、依頼主に対して、週に1回以上の頻度で売却活動の状況を報告する義務が生じます。

また、売却予定の物件を国土交通大臣の指定する流通機構に登録しなければいけないなどの義務があります。専属専任媒介契約を締結した後は、また、不動産の所有者は、自分で購入希望者を見つけることはできないなどの制限もあります。

専任媒介契約とは?

私は、武蔵村山市の新築物件を売るとき、専任媒介契約をしました。

専任媒介契約とは、先の専属専任媒介契約と同じです。こちらは、特定の不動産業者一社に独占的に仲介を依頼する契約になります。専任媒介契約の場合には、依頼主に2週間に1回以上の頻度で売却活動の状況を報告する義務があり、専属専任媒介契約の約半分の頻度になります。

また、売却予定の物件を国土交通大臣の指定する流通機構に登録しなければいけないなどの義務があるのは同じですが、依頼主は、専任媒介契約の場合には、自分で購入希望者を見つけることも可能です。

一般媒介契約とは?

一般媒介契約は、 専属専任媒介契約や専任媒介契約のように拘束力がないので、依頼主も自分で購入希望者を見つけることができますし、複数の不動産業者に同時に仲介を依頼することもできます。その分、不動産業者にも義務と呼べるものが少なく、専属専任媒介契約や専任媒介契約のように売却活動の状況を報告する義務もありません。

契約期間も専属専任媒介契約や専任媒介契約が3ヶ月以内なのに対して、一般媒介契約は無制限になっております。また、国土交通大臣の指定する流通機構に登録しなければいけないなどの義務もない比較的自由な契約です。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする